FC2ブログ
タイ・フリーク55(Thai Freak55)

タイ、タイ語についての個人的な記録

  タイ・フリーク55(Thai Freak55)のナビゲーター   topページ > スポンサー広告> 雑記 > 未開な島国から来た日本人!?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未開な島国から来た日本人!?

2013 - 07/03 [Wed] - 23:00

バンコクに住んでいて、日本食の居酒屋などに行くと、日本人とタイ人が一杯やっている姿をチョクチョク見る。同じ会社の仲のようだ。

ここがタイなだけに尚更、非常に「日本的」と思われ、違和感を感じる会話を耳にすることがある。

違和感を感じる会話には、共通する構図がある。

「教訓を垂れる日本人と、一方的に指導されるタイ人」という構図。

日本では、「上司が部下に、先輩が後輩に、一方的に教訓する」という構図は、「ジャパニーズ•カルチャー」と言ってもいいほど「当たり前」の光景だ。
もちろん、タイにも上司と部下の関係は厳格にある。
でも、日本人のは、何かネチネチと、自分が異国異文化のタイにいるという前提がないかのように、日本を前提とした教訓を垂れていることに違和感を感じる。

逆に、「タイ人は相対的に未熟なので、日本人は指導するのだ」という十把一絡げな前提で、自分はタイにいるのだと認識しているようでもある。

日本は、政治家の言動や、制度、人身売買など、人権感覚が低いとして、国際的に問題視されることが度々あるが、まさに、そんな一端が表れてしまっているようにも映る。

タイの地で、タイの力をかりて、タイ人とのコラボで事業を展開するということを客観的に理解して、日本での遣り方そのままではなく、タイの声をもう少し聞く双方向性と、人間対人間という対等な哲学観に立って、話ができないものだろうか。

こんな会話も耳にした。

「スリーランゲージなら、アナザーカンパニーは、モアサラリー、ゲットだよ。」
surii rangeeji nara anazaa kampanii wa moa sararii geTTHo dayo

「シーズベリーグッドけど、スリーイヤーズ辞めちゃった。ゴートゥーJapaaang~。」
shiiz berii guddo KHedo surii iyaaz yameCHaTTHa goo THuu jaPHaaaNG

ルー大柴か、と突っ込みたい…。

「外国」だから、「英語」で、という配慮なのだろう。タイだけど…。

それにしても、アルファベット表記にすると、「英語」とは程遠く、日本語としても厳しいことがわかる。

日本的な遣り方で、上から教訓垂れられ、仕事上の愚痴を挿みながら、酷い言語を聞かされる。

タイ語の特徴を知れば、英語の発音で話した方が、まだ伝わりやすいだろうに。
日本人が、タイ語訛りの英語を聴き取り辛いように、上記のような超日本語発音の英単語を織り交ぜた日本語の聴き取りは、タイ人には辛いものがあるだろう。
それでも、よく話しについていって応答してる聞き手のタイ人は、本当に御苦労様である。そんな日本人に代わって「申し訳ない(ขอโทษ コートーと)」と、ねぎらいたくなる。

コミュニケーション言語の面でも、多文化との関わりといった面でも、日本人は未熟(未開)であると、外国の地で改めて痛感する。

同じように海に接しながらも、島国と海国、または、島国と大陸、の違いだろうか。
金や技術の投資と引き換えに、逆に日本人も鍛えられているという恩恵に、対等で、素直に感謝する姿勢も大切と思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://thaifreak55.blog.fc2.com/tb.php/99-7b8dc6ac

 | ホーム | 

カウンター

カテゴリ

虫 (2)
麺 (2)
魚 (0)

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

最新記事

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。