タイ・フリーク55(Thai Freak55)

タイ、タイ語についての個人的な記録

  タイ・フリーク55(Thai Freak55)のナビゲーター   topページ > スポンサー広告> 雑記 > 挑戦的な野良犬がいる危険エリアと対策  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挑戦的な野良犬がいる危険エリアと対策

2012 - 12/15 [Sat] - 00:00

Silom通りの露店でレーザー・ポインターを発見!

店のお兄さんに聞くと。種類は3種類。
1.直線光(350バーツ)
2.直線光+スターダストのような模様を出せるオプション外付けレンズ4種類(500バーツ)
3.直線光+スターダストのような模様を出せるオプション外付けレンズ6種類(4,000バーツ)

1と2は、同じ商品でオプションがあるかないかの違い。
3は、強力レーザーで、オプションも多い。
とはいっても、1、2のレーザー・ポインターもやや強めの照射だと思う。

Laser pointer

何故、レーザーポインターに興味を持ったのか?

バンコクのシーロム界隈に滞在していると、路上に野良犬が多いのに気づく。

日中は、温和で堂々と通りの真ん中で寝っ転がってたり、おとなしくしている。
ところが、人通りが少なくなる夜間になると、同じ犬でも、人が歩いてくると、集団で取り囲むように近寄ってくる犬たちがいるエリアがある。

場合によっては、威嚇するように吠えながら走り寄ってくる犬もいる。
先日、夜道を歩いていたら、60m程先から吠えながら、2m圏内まで走り寄ってきて、「この道は、夜は俺たちのテリトリーだ」と言わんばかりに威嚇するように近づいてきた犬が2匹いた。
通常は、目を合わせず、堂々と過ぎ去れば、噛み付いてくることはないようだが、真正面から吠えて走り寄ってきたのでは、どうしようもなく、軽く非難するように路側に退避せざるをえない事件があった。
歩いて帰れる距離だったけど、足早に道を戻って、この日はタクシーを拾って帰った。

「絶対に噛み付かない」保証はないので、何か対策を、と思っていたところで目にしたのがレーザーポインター!

距離を保ったところから、警戒できるのが便利だ。

4,000バーツと聞いて、眼中には無かったが、参考にと思って、デモンストレーションしてもらったら、厚さ1mm程の黒いフェルトが、10cm程の距離から照射すると、1秒足らずで丸い穴が開くほどの威力があるのにビックリ!

中途半端に安くて威力のないレーザーポインターで、下手に犬を刺激して、噛み付かれることを思えば、距離を保ったところから充分に警戒できる強さがあったほうがいい。

結局、4,000バーツから交渉して、3,300バーツになった。
他のエリアに行けば、もっと安く手に入るかもしれないけど、そのあと危険エリアに行く予定もあり、「護身具」ということで、ここは3,300バーツでก็แล้วกัน(ko leeo kan これで結論とする)として購入。

さて。早速、危険エリアからの帰り道。
やってきました。おとなしく寝ていたかと思えば、やはり吠えながら近寄ってこようとする2匹!

30m程の距離を保って、すかさず照射!
ビックリしたのか、また、眩しくて進むことができないようで、吠えるのを止めて、引き下がる。

それでも、再び近寄ろうとしてきた。
こちらも再び照射!
吠えるのを止めて、引き下がった!

2匹とも初めての経験(?)に戸惑いを隠せないようだ。
こちらは無事に犬を横目に通過することができた。

強力レーザー・ポインター、あっぱれ!!!

犬は、大好きだし、一部の人が言うように、近寄っても相手にしなければ噛まないのかもしれない。
同じ犬が、日中はおとなしいので、夜間に吠えて近寄ってくるのも、もしかしたら彼らなりに親近感を表現しているだけなのかもしれない。

でも、実際には噛まれてるケースもあると聞くし、野良犬で、明らかに汚く、コントロールできてない涎をたらしている姿は、危険だ。
狂犬病をもった犬に噛まれて、そのまま何の処置もできずに、1時間足らずで死に至ったのを目撃していたという人の話しも聞いたことがある。

距離を保ったところから警戒できる強力レーザー・ポインターを手にしたのは大正解だった。

しかし、強力なので、カバンの中や、ポケットで知らぬ間にスイッチが入ってしまってたら、カバンが溶け出したり、ポケットが溶けて肌を焼くことにもなりかねない。取り出した際に、自分の目に当たる可能性もある。間違って他人の目に当てることがあれば事件だ。
取り扱いには、細心の注意をして、不要な時は、電池を抜いて持ち歩くようにしている。
危険物所持として、下手に警察の取り調べを受けるリスクも考慮して、街中などの不要な場所で、不用意に手にもって歩くこともしない。

ちなみに、挑戦的な犬がはびこっている警戒エリアは、今わかっているところでは下記の通り。

  • Silom Soi 9 (สีลม ซอย เก้า)
  • Sathon Soi 10 (สาทร ซอย สิบ)
  • Sathon Soi 12 (สาทร ซอย สิบสอง)
  • Narathiwaat通り (ถนน นราธิวาส) ※Silom通りからSathon側に向かう暗がり
    スポンサーサイト

  • 30LB50 <a href="http://bnsodfyjwipp.com/">bnsodfyjwipp</a>, [url=http://toedpuudwijc.com/]toedpuudwijc[/url], [link=http://somv

    コメントの投稿





    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    http://thaifreak55.blog.fc2.com/tb.php/25-27150e87

     | ホーム | 

    カウンター

    カテゴリ

    虫 (2)
    麺 (2)
    魚 (0)

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    カレンダー

    05 | 2018/06 | 07
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    検索フォーム

    最新記事

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。