FC2ブログ
タイ・フリーク

タイについての個人的な記録

  タイ・フリークのナビゲーター   topページ > 文学 > 王国への道―山田長政―  

王国への道―山田長政―

2014 - 06/02 [Mon] - 01:00

王国への道―山田長政―王国への道―山田長政―
(2013/03/01)
遠藤周作

商品詳細を見る

■著者
遠藤周作

■内容紹介
シャム(タイ)の古都で暗躍した山田長政と、切支丹の冒険家・ペドロ岐部――二人の生き方を通して、日本人とは何かを探る長編。

■レビュー
古都アユタヤに生きた山田長政を題材にした、遠藤周作の創作歴史小説。

遠藤氏が山田長政に興味をもつようになったのは、昭和四十年代にバンコクへ旅行して以来のことだという。

遠藤氏は、1975年の「新たな決意」で、自分の精神史的な区切り目が第一期から第二期へ移行しようとしている、という考えをあきらかにしている。
つまり、従来の関心は、イエスと個人に関わるものであったが、今後は、人間の集団と個人との問題に次第に関心を広げようと思う、というのである。

この『王国への道(1981年)』は、遠藤氏の精神史上の過渡期に書かれた作品である。

「地上の王国」を築こうとする山田長政と、「天上の王国」を目指すペドロ岐部は、歴史的な事実としては、同時代人であり、また、両者の関わりは皆無であったと考えられるが、『王国への道』では、相反する価値観を持つ者同士として関係をもたせ、遠藤氏の精神史上の過渡期における、さまざまな関心を描き出している。
スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://thaifreak55.blog.fc2.com/tb.php/246-696d7d62

 | ホーム | 

カウンター

カテゴリ

虫 (2)
麺 (2)
魚 (0)

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

最新記事

RSSリンクの表示

QRコード

QR