タイ・フリーク55(Thai Freak55)

タイ、タイ語についての個人的な記録

  タイ・フリーク55(Thai Freak55)のナビゲーター   topページ > チェンマイ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定番メニュー

2014 - 09/12 [Fri] - 00:00

■単語
เมนู ประจำ
meenuu prajam
メーヌー ぷらじゃム
メニュー+定番
定番メニュー

*เมนู meenuu: メニュー
*ประจำ prajam: 定番、周期、定期

チェンマイに行った時は、だいたいランチでくる有名店『เเม่ จําปา メーチャムパー』。

場所


ここのカオソイを食べるとチェンマイに来たって感じになる。


カオソイは、北部地域の定番メニューで、インスタントのカレーうどんを、3分待たずに食べる感じ。
揚げた麺がカリカリして、カレー味の汁との相性がいい。

「カオソイ」は、「路地(ソイ)の御飯(カオ)」という意味だけど、タイ人に、何で「路地の御飯」というのか、と聞いたけど、わからなかった。

タイ料理は、名前の意味を聞いても、タイ人は知らないことが多い。
「Yen Ta Fo イェンターフォー」とか。
自分の中で自由に思いを巡らしながら食べるのも、味わい方の一つかも。

*ข้าว ซอย KHaao sooi: カオソイ
*ภาค เหนือ PHaaKH nua: 地域+北=北部地域

メーチャムパーは、小さな川沿いの店で、日本語が多少わかるおばさんがいる。



*ร้าน ริม แม่น้ำ raan rim mee naam らーン りム メーナーム: 店+沿い+川=川沿いの店

のんびりした雰囲気。
カオソイの器に、小さなトンボがとまって動かない。


■関連
ประจำ วัน
prajam wan
ぷらじゃム ワン
daily、日ごとの、日替わりの

ประจำ สัปดาห์
prajam sapdaa
ぷらじゃム サぷダー
weekly、週ごとの

ประจำ อาทิตย์
prajam 'aaTHit
ぷらじゃム アーティっと
weekly、週ごとの

ประจำ เดือน
prajam dEUan
ぷらじゃム ドゥアン
monthly、月ごとの

ประจำ ปี
prajam pii
ぷらじゃム ぴー
annual、yearly、年ごとの

■Review
เมนู ประจำ

スポンサーサイト

タクシーのお爺さんの親切に感謝!!

2014 - 08/22 [Fri] - 21:00

2014年8月22日、チェンマイでの予定が、比較的早く午前中に終了したので、Central近くのマッサージ屋に行くことにした。

前日、この週末を利用してチェンラーイ県メーサーイ郡まで足を延ばすことに決め、バスターミナルで16:30発のメーサーイ行き最終バスのチケットを購入した。
当初、同じチェンラーイ県で、タイ、ラオス、ミャンマーが接するチェンセーン郡までのバスを希望したが、午前中の2便しかなく、午前中は、別件でどうしても無理なため、チェンセーンから車で1時間ほどの、ミャンマーとの国境の町メーサーイに行先変更した。
チェンマイからメーサーイは、午前中から夕方までバスが出ていて、メーサーイを拠点にしても、チェンセーンは日帰り圏内だ。

チェンマイでの予定が、比較的早く午前中に終了し、早めのバスは既に予約満席のため予定繰り上げられず、バス出発の16:30まで5時間程あったため、Central近くのマッサージ屋に行くことにした。

予定は、下記の通りだった。

13:30 マッサージ開始
15:30 マッサージ終了
16:00 ナイトバザール近辺のホテルで荷物ピックアップし、バスターミナルへ向かう
16:30 チェンマイのバスターミナルを出発
21:00 メーサーイのバスターミナルに到着

マッサージが終了したのは、予定通り15:30だったのだが、多少ゆっくりし過ぎていた。
店を出たのが15:45くらい。

専用のトゥクトゥクでホテルに戻ればよかったものの、Central前に待機していたソンテオに乗ってしまった。
ソンテオが出発したのが、16:00。ホテルからバスターミナルまで15分は掛る距離なので、やや焦った。
結局、ホテルに着いたのが16:20分。
ホテル外に居た呼び込みタクシーのお爺さんに、助けを求めるように飛び乗ってバスターミナルへ向かった。

お爺さんに、バス会社に電話してもらって、待っててもらえるかを聞いてもらったが、待てないと。。。

そうこうしてるうちに、チケット購入時に登録した携帯番号に、バスの係員から電話がきた。
タクシーのお爺さんが、一生懸命に、『今、どこどこ辺りで、すぐだから、なとかかんとか、、。』と時間稼ぎのように、頑張ってくれた。

16:40。ようやく、バスターミナルに到着。

お爺さん運転手に、とにかくお礼の意味込めて、300バーツ渡して、タクシーを降りた。
わざわざ車から降りて、『あそこのバスだ。โชค ดี チョーくディー Good Luck』といって見送ってくれた。

そのタイミングで、バスが動き始めたが、乗せてもらえた。

とにかく、タクシーのお爺さんには、感謝の気持ちで一杯だった。
たまたま名刺をくれていたので、バスの中で、すぐにSMSでお礼のメッセージを送った。

『ソンウォンさん。さっきバス停で降りた日本人客です。本当にありがとうございました。』

すると、すぐに電話が掛ってきて、
『何かあったのか?車に何か忘れたのか?今、バスターミナルに向かうから待ってな。』と言っている。

何か、勘違いをされたようだが、電話で話しが通じなかったので、
『無事、バスに乗って、出発しました。問題ないです。』と送ると。

『あなた。私の車には何もなかったんですね。』と返信が来た。

『何もありません。本当にありがとう!!』と返した。

思いがけず、金には変えられない、親切に出会って、感謝の気持ちで一杯だった。
さらに、タイが好きになった。

チェンラーイ郡を通り過ぎ、21:00、無事、メーサーイ郡のバスターミナルに到着した。
→ チェンラーイ県メーサーイ郡

 | ホーム | 

カウンター

カテゴリ

虫 (2)
麺 (2)
魚 (0)

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

最新記事

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。