タイ・フリーク55(Thai Freak55)

タイ、タイ語についての個人的な記録

  タイ・フリーク55(Thai Freak55)のナビゲーター   topページ > 文法  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thai: An Essential Grammar (Routledge Essential Grammars)

2014 - 02/10 [Mon] - 21:00

Thai: An Essential Grammar (Routledge Essential Grammars)Thai: An Essential Grammar (Routledge Essential Grammars)
(2013/12/07)
David Smyth

商品詳細を見る

★Review
タイ語の文法について、簡潔に解説されているうえ、さまざまな用法も整理されている。
ちょっとしたタイ語文法の小辞典として、手元にあると非常に便利。

日本語のタイ語文法書は、会話本に比べて、まだまだ数が少ない。
タイ語文法書にしても、やたら説明が事細かく、難解気味に解説されている割には、知りたい用法の解説にたどり着くまでに分かりづらかったり、用法が解説されていないことも多々ある。

本書は、簡潔な英文で、用法の確認も比較的容易なため、重宝する。

★About the author
David Smyth is Senior Lecturer in Thai at the School of Oriental and African Studies, University of London.

★Index

Introduction
1. Pronunciation
2. The writing system
3. Nouns, classifiers and noun phrases
4. Pronouns
5. Verbs
6. Adjectives (stative verbs) and adjectival constructions
7. Adverbs and adverbial constructions
8. Location markers and prepositions
9. Clauses and sentences
10. Sentence particles
11. Negation
12. Questions
13. Numbers, measurement and quantification
14. Time
15. Thai speech conventions
Appendix 1 Romanisation systems.
Appendix 2 The verbs hay, day, bpen: a summary.
Glossary.
Bibliography and further reading.
Index

★Book Description
This second edition of Thai: An Essential Grammar provides an up-to-date and concise reference guide to Thai grammar.

Using clear, jargon-free explanations, it sets out the complexities of Thai in short, readable sections and presents an accessible description of the language. Focus is kept on the real patterns of use today and grammar forms are demonstrated through a wide range of relevant examples. No prior knowledge is assumed on the part of the reader.

Features include:

Coverage of crucial topics, such as sentence particles, negation, questions and quantification
Examples given in both Thai script and romanised transliteration
Pronunciation section
Guidance on speech conventions and the Thai writing system
Glossary of grammatical terms
Two appendices covering Romanisation systems and three key verbs
Bibliography
This unique reference work will prove invaluable to all learners looking to master the grammar of Thai. It is ideal either for independent study or for students in schools, colleges, universities and adult classes of all types.

スポンサーサイト

タイ語の基本 初級から中級まで(CD付)

2013 - 02/12 [Tue] - 23:43

タイ語の基本 初級から中級まで(CD付)タイ語の基本 初級から中級まで(CD付)
(2008/05/28)
吉田英人

商品詳細を見る

■内容紹介
まったくの初心者もしくは再チャレンジの方を対象とした、文法&会話からなるタイ語の入門書。文字を習得するのが難関と思われがちだが、合理的に覚えれば意外と簡単だということが、本書を読めばわかる。実用的な会話もたくさん掲載。たくさんの練習問題を解くことで、自然と文法と表現が身につき、最終的には中級レベルまで到達できる。付録として、チェンマイを中心とする東北タイの簡単な日常会話を掲載。

■レビュー
初めてきちんと取り組んでみようという人向けの入門書。

個人的なお勧めとしては、タイ語に本当に初めて触れる人には、文字と触り程度の文法・表現を紹介している、もっと簡易的な本で文字やタイ語表現の輪郭に慣れておき、次に本書できちんと文法・文字について整理するといいと思う。
タイ文字に不慣れなレベルでも、一貫してアルファベットの読みが併記されているので、とにかくタイ語学習を進める目的で使うことができる。

本書のもうひとつの特徴は、巻末に東北タイ語の輪郭(表現など)も紹介されていること。
タイの中心部バンコクは、分野によっては70%が東北地域出身者ともいわれ、ルークトゥンなどのタイ音楽でも、東北タイ語はタイのアイデンティティを象徴する要素といえる。
バンコクのタイ語に慣れてきたあとは、東北タイ語の素養も身に着けていくと、タイ社会の理解と楽しみを、2次元から3次元へと広げることができる。

あくまでも入門的な域なので、語彙や似た表現の差異を比較したい場合などは、物足りなさを感じるのは否めない。

キーワードで覚える!やさしいタイ語会話

2004 - 05/31 [Mon] - 23:47

キーワードで覚える!やさしいタイ語会話キーワードで覚える!やさしいタイ語会話
(2004/05)
山田 均

商品詳細を見る

■内容(「MARC」データベースより)
日本語にはない音や声調の組織をもつタイ語の発音を重視しながら、書き方、文法、表現などを学ぶ。随所に、アドバイス・ミニ会話・ティータイム・ドリルなどがあり楽しく学習できる。巻末に単語集を付す。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
山田/均
1959年千葉県生まれ。早稲田大学第一文学部にて梵語、仏教学を学ぶ。同大学大学院博士課程修了。在タイ10年。警視庁タイ語・ラオス語・カンボジア語刑事通訳人、東京外国語大学講師を経て、現在、名桜大学国際学部助教授、早稲田大学社会科学研究所特別研究員。小野梓賞受賞論文『タイ仏教僧団の研究』を始め論文多数の他、著書『タイを歩く』『タイこだわり生活図鑑』など。沖縄本島山原在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次
第1章 発音と発音記号(母音
複合母音 ほか)
第2章 タイ語の書き方(子音・複合子音の文字
母音・複合母音の記号 ほか)
第3章 文の組み立て方と基本の表現(タイ語の単語
タイ文の成り立ち ほか)
第4章 タイ語キーワード40選(ナンティダーは歌手です
主人はドリアンが好きです ほか)

■レビュー
噛めば噛むほど、味の出る教材。

全体を通して、タイ語の本質や、キーワード語彙の核心を簡潔に解説し、ニュアンスまで理解した上で活用できるように意図されているように思われる。

また、タイ語の文字・読み方など、周辺言語との関連や、タイ語の成立過程についても、ところどころ触れるなど、他の教材には見られない独自性(オリジナリティ)のある内容になっている。

たとえば、下記のような点がある。
  • インド系文字の影響を受けているタイ語や周辺言語、そして日本語の五十音表までも、文字の整理の仕方において共通性があること。
  • 既にタイ語に定着している読み方「(中・高子音字+低子音字)の発音」は、クメール語からの影響によるものであること。
  • 助動詞を否定する語は、助動詞の「法」か「相」かによって置く位置が異なること。


キーワード40選の各例文も、非常に参考になり、また、タイ語の発想を理解するために非常に興味深い例文が掲載されている。

各課には、ミニ会話が収録されていて、タイ語でのコミュニケーションについても学習できる。
また、各課の最後にあるコラム「ティータイム」でも、タイ語についての興味深い話しが掲載されている。

タイ語の心に触れたい方、タイ語に長いこときちんと関わりたいと思う方には、持っていて価値のある1冊と思います。

 | ホーム | 

カウンター

カテゴリ

虫 (2)
麺 (2)
魚 (0)

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

最新記事

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。