タイ・フリーク55(Thai Freak55)

タイ、タイ語についての個人的な記録

  タイ・フリーク55(Thai Freak55)のナビゲーター   topページ > 通信・電話・ネット  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話

2014 - 06/18 [Wed] - 00:00

電話の表現について、書き加えていきます。

※丁寧語尾「ครับ/ค่ะ KHrab / KHa」は、「K」で表記。


สวัสดี K
sawas dii K
サワッディー K
もしもし

-名乗る-

นี่ บ้าน ของ นก K
nii baan KHooNG nok K
ニー バーン コーん ノック K
これ・家・~の・ノック
こちらはノックの家です。
-問い合わせ-

☆構文
ขอ~หน่อย
KHoo nooi
コー~ノーイ
少々~お願いします。

ขอ พูด กับ คุณ นก หน่อย K
KHoo PHuud kab KHun nok nooi K
コー プーと かっぷ クン ノック ノーイ K
乞う・話す・~と・さん・ノック・少々
ノックさんと話すことを乞います。

*พูด PHuud プーと: speak、話す

ขอ คุย กับ คุณ นก หน่อย K
KHoo KHui kab KHun nok nooi K
コー クイ かっぷ クン ノっく ノーイ K
乞う・しゃべる・~と・さん・ノック・少々
ノックさんと話すことをお願いできますか。

*คุย KHui クイ: chat、しゃべる

ขอ สาย คุณ นก หน่อย K
KHoo saai KHun nok nooi K
コー サーイ クン ノック ノーイ K
乞う・線・さん・ノック・少々
ノックさんの線を乞います。
→ ノックさんに繋いでください。

☆構文
~ได้ ไหม
~ dai mai
~ダイ マイ
~できますか?

ขอ คุย กับ คุณ นก หน่อย ได้ ไหม K
KHoo KHui kab KHun nok nooi dai mai K
コー クイ かっぷ クン ノっく ノーイ ダイ マイ K
乞う・しゃべる・~と・さん・ノック・少々・できますか?
ノックさんと話すことをお願いできますか。

ติดต่อ ภาควิชา นำเข้า ส่งออก ด้วย K
tittoo PHaaKHwiCHaa namKHao soNGook duai K
てぃっととー パーくウィチャー ナムカオ ソんオーく ドゥアイ K
繋ぐ・部署・輸入・輸出・~てください。
輸入輸出部署に繋いでください。

ติดต่อ ใคร K
KHoo KHui kab KHun nok nooi dai mai K
てぃっととー クライ K
繋ぐ・誰?
誰に繋ぎますか。

คุณ ต้องการ พูด กับ ใคร K
KHoo KHui kab KHun nok nooi dai mai K
クン とんかーン プーと かっぷ クライ K
あなた・必要・話す・~と・誰?
あなたは誰と話す必要がありますか。
→ 誰に繋ぎますか。

มี อะไร ให้ ชุ่วย ไหม K
tittoo PHaaKHwiCHaa namKHao soNGook duai K
ミー アライ ハイ チュアイ マイ K
有する・何・あげる・助ける・?
助けてあげる何かがありますか。
→ 御用は何でしょうか。What can I do for you?

スポンサーサイト

ネット環境、SIMカード

2014 - 03/29 [Sat] - 13:00

昨年、iPhone5sがタイで発売され、AISでは、新規番号契約とともに、10か月の分割払いで無利息、18か月間の月額利用料50%OFFプラン499バーツを実施している。
契約はPost Paid制のため、タイ人IDもしくはWork Permitが無いと利用できない。

新しいもの好きのカンボジア達が、iPhone5sを手に入れたいがWork Permitが無いということで、自分の分を含めて、4回線新規契約した。
利用期間の縛りは4か月。

その後、カンボジア達は、職場でAISの電波がほとんど取れないということで、dtacに切り替えた。
なので、4か月経つこの3月末で、自分の1回線を残して、3回線を解約することにした。

ここ最近ウチに寝泊まりしてるベトナムの1人が、OppoというAndroid携帯を新規購入し、Pre Paidはいろいろ不便なので、1回線使いたいといってきた。
ということで、iPhone用のNano SIMでなく、大きいサイズのSIMを、AISで再発行してもらった。

本人にSIMカードを渡すと、Nano SIMが必要だという。
てっきり、大きいサイズのSIMだと思っていた。。。

ということで、再度AISへNano SIMに変えてもらいに行った。
窓口で事情を説明すると、難なくSIM Cardの中央がパカッと外れて、Nano SIMサイズに割れて出てきたではないか!

思わず「おー!」と言ってしまい、受付達も「おー!」と言って呼応してくれた。
関心、関心。

多少の凹凸があったのには気づいていたが、てっきりシールの厚みだと思っていた。
まさか、外れてNano SIMにも対応している両刀だったとは思わなかった。



ちなみに、最初、SIMを再発行しにSiam ParagonのAISに行くと、入口で整理券を発行するおばさんに、来店目的を聞かれ、内容を告げると、

「SIMの再発行は、以前のSIM Cardとの交換になるから、交換するSIM Cardが無いとできないよっ(失笑)」

との回答。

「いや、できると言われたよ。」というと、

じゃぁ、どうぞご勝手にと言わん顔で、整理券を発行された。

順番が来て、窓口に行くと、パスポートの提示とともに、ものの5分で難なく再発行完了。

帰りぎわ、難なく再発行されたSIM Cardを、ババアの鼻に突きつけて、

ピッ、ピッ、ピッ、あれっ?
ピッ、ピッ、ピッ、あれっ?
あれっ? おかしい
ババアおかしい、ピッ、ピッ、ピッ
あーババアか、御免ゴメン(失笑)

って感じで、鼻水飛び散る程度にやってやろうかと思ったが、、、。

まぁ、ババアの言うことにも一理あるようにも思うが、SIMを再発行したところで、AISに大きな損害が出るとも思えない。
規定は、再発行の際には、現在のモノとの交換であるとしても、実際にはサービスで再発行は交換せずにもできるというのが臨機応変な対応と思う。


しかし、タイのインターネット環境は、日本に比べ悪くて高い。
この499バーツ(本来998バーツ)だと、3Gb分を使い終わると、ノーマル256kbのスピードに落ちる。
3Gbなんてデータ量は、いろんな添付ファイルやYouTubeなんかを見ていると、すぐに使い果たしてしまう。
他のサービスでも、5Gbくらいが現在最高のプランだろうか。いずれにせよ足りないので、最低プランで十分だ。

ちなみに、ベトナム達が言うには、ベトナムでは、テレビが問題なく見れるインターネット環境(ケーブルTV?)で、月額250バーツくらいのサービスがあり、タイより安いといっていた。

タイは、もうすこしインターネット環境の整備、電話回線の整備を進めてほしい。

dtac → AIS, TrueMove

2013 - 08/03 [Sat] - 00:00

遂にiPhone5を買った。

ネット環境の整備に、費用と効率とを考えた結果、iPhoneのテザリングで、どこでもネット環境を作れるのがポイント。

トータル時間でみれば、自宅にいる割合が少ないので、家にWi-Fi入れるねは無駄。
たまたま無線LANのWi-Fiモデムも在庫がなく、住んでるコンドの回線事情もあって、断念。

33,000バーツ切る値段で、Apple StoreでiPhone64G購入。

そもそも携帯電話3社(AIS, DTAC, TrueMove)を検討し、AISでiPhone買う予定だった。
iPhone用プロモーションで、新規契約で6ヶ月は半額プランもあったし。

ところが、いざ買うとなると、AIS全店でiPhone64Gは在庫切れで、入荷未定という。

Siam ParagonのAIS女性店員に聞くと、Apple Storeで購入しても半額プランのプロモーションは使えると、毅然とした口調で言われた。

閉店まで時間がないので、急いでApple Storeで購入し、AISに行くと、契約段階で、AIS以外で購入したら半額プロモーションは対象外だと。。。
女性店員を呼んで、確認し、調べてもらうと、AIS以外で購入したら半額プロモーションは対象外だと、毅然とした口調で言われた。

3万バーツ(10万円)掛けてApple Storeで買ったがために、プロモーションが適用できず、月約400バーツ×6ヶ月=約2400バーツの損害。
騒いでもしゃーないので、気持ちを抑えて、とりあえず契約。

問題ないと言われ、3日後に電話番号継続で切り替わると言われた。

3日後、SMSで切り替え不可のメッセージがきた。
問い合わせ先に聞いても、解決にならない回答ばかり。dtacとAISで契約の名前(大文字、小文字など)が違うかも、などと意味の無い遣り取り。

原因は、dtacの支払い請求が発行されているのに、支払いが済まされてないことだった。

こちらは、切り替えが済んだら支払う予定だった。切り替え前に払うと、SMS送信代1回2バーツなどが発生し、2度も支払いに行くのが面倒だからだ。

そんな問題があるなら、事前に切り替え条件アナウンスしろよ!と、さすがにクレームした。

ちなみに、dtacでPostpayからPrepaidに切り替えておけば、すぐにAIS適用できるが、実際にPrepayにすると、3ヶ月の拘束が適用とdtacに言われた。

4日待ち、更に週末挟んで5日待つのも嫌気が指すので、AISに切り替え条件のアナウンスしとけ!とブツブツ愚痴りつつ、新規番号で即日契約完了。

日本的感覚を海外に押し付けるのはナンセンスと理解しつつも、問題発生の可能性は事前に潰して欲しいとの期待を込めて、久しぶりにクレーマーを演じた。

事情の分からない外国人には、手間の掛かる作業だった。

ちなみに、AISの決めては、ネットのパケット使い切った後、速度がSlow Downしても、早いとうたってるのがAISだから。

// Slow Down後の速度 //
DTAC 64kb
TrueMove 128kb
AIS 256kb

タイの携帯電話向けネットサービスは、すべてパケット制。
Unlimited(月額固定)で、契約パケットに達すると、Slow Downする。

dtacの速度は話しにならず。
256kbのAISは、許せる範囲。

契約の1Gは、15時間程で終了。
最大でもdtacの6G=1000バーツなので、落ちても早い1G=4百数十バーツが最も効率的と判断。

まずは快適。

プリ・ペイド携帯電話のチャージ

2012 - 12/18 [Tue] - 03:00

タイ在住でなくとも、ちょくちょく行き来する人であれば、プリ・ペイド携帯が便利だ。

通信手段と割り切るなら、ちょっとしたスーパーや百貨店でも400バーツ前後から手に入る。
いろいろ見て回りたければ、バンコクのモダン街・サヤーム(สยาม)エリアにあるMBKがお勧め。
さまざまな携帯機種から、通信手続きまで、MBK一か所で充分検討して回れる。

先日、携帯をポケットに入れたまま洗濯してしまい、携帯を変えることに。。。

MBKで何店舗か見て回って、手ごろな店で新しい携帯を調達。

これまで使っていた携帯は、インターネットに対応していなかったので、この際にインターネット対応にした。
携帯本体以外で掛かった費用は以下の通り。

  • 新規SIMカード(ネット対応):99バーツ
  • ネット対応登録料:500バーツ


SIMのプロモーションで、すでに150バーツ分の通話料は99バーツに含まれている。
以前(少なくとも1年前)は、1度チャージすると、1年有効のSIMがあったが、どの店で訊いても、今はどの電話会社のSIMも最長1か月までしか有効でないとのこと。


さて、コンビニで携帯のプリ・ペイド・チャージをするのに300バーツ分を購入。
いつも、レジの子に入金操作をしてもらってたけど、今回は自分でやってみることにした。

ID部分の隠れている部分のシールを剥がすが、文字が無い!?
さらに削る必要があるのかと、削ってみるが、やはりIDは出てこない。

コンビニに戻って、レジの子に訊くと、やりかたが間違っていました。。。
ID部分ののシールを剥がすのではなく、シール部分をそのまま削るだけ!

なかなか初歩的な無知でした。
何でも自分でトライしないとダメですね。。。。

失敗
PrePaidID_False

正解
PrePaidID_Correct

 | ホーム | 

カウンター

カテゴリ

虫 (2)
麺 (2)
魚 (0)

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

最新記事

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。