タイ・フリーク55(Thai Freak55)

タイ、タイ語についての個人的な記録

  タイ・フリーク55(Thai Freak55)のナビゲーター   topページ > ビザ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビザラン:ポーン・ナム・ローン

2014 - 06/22 [Sun] - 00:00

6月21日にビザランをしてきた、バンコクに住むベトナム人の情報です。
イミグレーションの場所は、Pong Nam Ron(ポーン・ナム・ローン、โป่งน้ำร้อนと記載があります。


手元にある『地球の歩き方’12~’13』の「タイと近隣諸国 国境の町リスト」には、周辺国との陸路イミグレーションの場所が記載されていますが、ポーン・ナム・ローンは掲載されていません。

ポーン・ナム・ローンは、タイのチャンタブリー県(Chanthaburi、จันทบุรีにあり、カンボジア側のバタンバン州(Battambang、បាត់ដំបងと接する都市です。

チャンタブリー県(地図)


バタンバン州に出かけようなどという日本人は少ないのかもしれませんが、個人的には興味のある地域です。

東南アジアのカンボジアからベトナムにかけて、チャム族(người Chămという、マレー系の人たちが点在しています。
このチャム族は、チャンパ王国(ベトナム語:Chăm Pa, 192年 - 1832年)をもち、カンボジアやベトナムの歴史上、大きな影響を持ち活躍した人たちです。
カンボジアのチャム族の大多数は、イスラームのスンニー派に属すると言われるものの、唯一絶対の神という概念は無く、祖先信仰的要素があったり、一部には五行六信を行わないなど、世界の大方がムスリムとしての基本的条件としていることに反する特徴をもっている。
カンボジアのポル・ポト政権による虐殺を経て、現在では、湾岸諸国からの支援を得て、イスラーム普及、アラビア語教育などにより、チャム族の独自文化が回復発展してきている。
チャム族は、独自のマレー系言語チャム語を話すものの、アラビア文字(一般には横書き)を書くときは縦書きするという独自性をもっている。

バタンバン州には、このチャム族が点在している。
クメール文化以外に、現在も活きている独自の文化に興味があれば、ベトナム人用のビザランに便乗して、ポーン・ナム・ローンの国境を超えて、バタンバン州の自然とチャム族の独自文化を研鑽するというのも、魅力ある東南アジアの旅ではないだろうか。

スポンサーサイト

ビザラン禁止

2014 - 06/09 [Mon] - 00:00

5月10日(?)より、タイ入国の取締が強化されたようだ。

目的は、タイの税収を上げ、タイ人の職を確保するために、不法就労を取り締まることだ。
現在は、8月10日の関連法施行を目指し法整備中で、前倒しでさまざま強化策がなされているようだ。

この一環で、ビザランが既に禁止されている。
無料の観光ビザ(就労不可)の場合、陸路入国だと15日間、空路入国だと30日間のタイ滞在が可能だ。
ビザランとは、近隣国に一旦出て、すぐタイに入国し、実質的に観光ビザで長期間タイに滞在するためのビザ更新ツアーだ。

この観光ビザで入国し、実質的にタイ国内で稼いでいる人間(不法滞在者)がたくさんいる。
特にベトナム人が、この取り締まりの対象で、多くの陸路入国者が取り締まられているようだ。
もちろん日本人も例外ではない。

ただ、ここは賄賂(コミッション)が広くまかり通るタイだ。
特に、陸路のイミグレーション関係で、法外にコミッションを得ていた人間が、いきなり収入がなくなることに耐えられるかといえば、疑わざるを得ない。
基本的に、ビザランはなくなったものの、やはり実際には、今まで通りのビザランで行き来をしている人たちはいるようだ。

頻繁にタイに出入りしているといっても、正当に観光目的の人たちもいるし、収入を得ているわけではない人たちもいる。
ここの詳細な条件は、いまいち不明だ。

各種ビザの取り扱いに関わっている方から聞いていることは、外国人の取り締まりが強化される傾向にあるということで、例えば、外国人が絡む会社設立(登記)なども、費用高騰と審査条件が厳しくなるとの話しも聞いている。

タイ周辺諸国からの出稼ぎ労働者には、専用の道がまだ生きているものの、日本人にとっては、就労ビザ以外で長期滞在するビザ取得するための残された道がないわけではないが、多少の費用が掛る状況だ。

タイの観光ビザ(60日+30日)

2012 - 12/07 [Fri] - 23:30

タイの観光ビザ(60日)を取得する、通称Visa Runでラオスに行ってきた。

タイの観光ビザは、取得時から60日間有効で、その間に、タイ国内のイミグレーションで追加申請すると30日間の延長ができ、最長で90日間のタイ滞在が可能となる。

ローカルの代理店を通じたVisa Runでは、Visa取得が簡単で、プラス現地を自分で歩いて観光することもできるのでお得。

金額は、乗合バスなどの陸路移動のツアーで、4,200~10,000バーツ程が多いようです。
個人的な買い物を除いた、移動費、入国Visa代、タイ観光Visa代(1,000バーツ)、ホテルと食事代が全て含まれているのが通常。
※入国ビザ代は、国籍によって異なります。ラオスへの入国は、日本人なら無料。2012年12月の現時点では、カンボジアなどでは費用が掛かります。

移動時間は、ラオスのビエンチャンまで、VANで10人ほど乗合で、片道8時間程。


タイの観光ビザ取得では、近隣国のラオス、マレーシア、カンボジア、ベトナムに行く人が多い。
メジャーなところだと、マレーシアを進める人が多いかもしれないけど、ラオスでも全然問題なし。
アセアン以外の国出身者であれば、Agentを通じて観光ビザを何度でも取得する人がかなりいるようですが、それ以外の日本、欧米などは、2回の観光ビザ取得までは一般的に問題なく、3回目からビザが下りないケースがあるのも珍しくないです。2回目のビザ取得時に、次は取れない、と忠告受ける人もいます。

近隣国への移動手段は、陸路(バス)、空路がある。

取得手段は、Agentを使うか、個人で申請手続きをするかの2つ。


時間と体調が確保できるなら、Agentを通じて、陸路移動するのが、一番確実で安い。ただし、陸路移動は時間がかかる。
たとえば、ビエンチャンなら、陸路9時間、空路1時間の差異がある。
国によっては、ビザ発給に時間が掛かったり、個人申請の場合は、何かと煩わしいステップを経る可能性もある。

もし、初回または2回目の観光ビザ申請で、時間と体調を確保でき、安価に抑えるのであれば、Agentを通じた陸路移動が、より確実だ。

タイ国内のAgentであれば、ラオス・ビエンチャンまでの取得ツアーが一般的。

カンボジアの国境まで行くツアーは、陸路なので15日のタイ滞在しかできない。
カンボジアで60日の観光ビザを取得する場合、現地の発給手続きが遅れるケースもあるとの話しもあるので、ビエンチャンがお勧め。
または、マレーシアのペナン島でタイ観光ビザを取るのが、日本人にとっては最もよく聞くケースのようです。

長距離の乗合バスで、いろんな国の人と仲良くなったり、話をしたりも結構楽しいです。
新たな出会いもあるかも!?



ラオス・ビエンチャンでの観光ビザ取得スケジュール

1日目
19:30 オフィス集合
20:00 バンコク出発

2日目
04:00 タイ側の国境ノン・カーイ着
05:30 タイ側のイミグレーションに並ぶ
06:00 タイ側のイミグレーションが開いて、順次出国手続き
07:30 ラオス入国、ビエンチャン市内へ
08:00 ホテルにチェックイン、朝食
08:30 ビエンチャンのタイ国大使館へ出発
09:00 タイの観光ビザ申請
    申請自体は、Agentが代行。その間、大使館で待機。
    場合によっては、大使館で申請者一人ひとりの顔をチェックされることもあるようです。
09:30 ホテル帰着、自由行動

3日目
07:00 朝食 ※10時までにそれぞれ朝食終了
12:00 ホテルをチェックアウト
13:30 ラオス側のイミグレーション着。
    Agentがタイ大使館に全員の観光ビザ入りパスポートを受け取りにいってる間、
    イミグレーション周辺の免税店を散策。
14:30 パスポート受け取り、ラオス出国、タイ入国
15:00 ノン・カーイでランチ
15:30 出発
23:00 バンコク着 ※BTSなど市内のメジャー箇所で下してくれる。


ビザについては、1年間の就学ビザを手配するところもあります。
もし、詳細が必要な場合は、連絡ください。

 | ホーム | 

カウンター

カテゴリ

虫 (2)
麺 (2)
魚 (0)

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

最新記事

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。