タイ・フリーク55(Thai Freak55)

タイ、タイ語についての個人的な記録

  タイ・フリーク55(Thai Freak55)のナビゲーター   topページ > タイ語の基本構文  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ語:基本構文

2015 - 09/27 [Sun] - 04:05

★大前提

1、主題+叙述
2、後置修飾

(解説)

1、主題+叙述

前提として、

●「主題」は、文が意味する対象のこと。
「○○に関しては」という場合の○○が主題。

●「主語」は、必ず名詞である。

●「補語」は、必ず名詞か形容詞である。
「補語」が名詞の場合、「主語」=「補語」が成り立つ。
「補語」が形容詞の場合、「主語」=「形容詞の性質」を持っている。


文の「主題」と「主語」は、同じとは限らない。

いわゆる"うなぎ文"を例に考える。

"僕は、うなぎ。"

"僕"を主語と理解するならば、
補語の"うなぎ"は名詞なので、
"僕"="うなぎ"である。
アニメや映画でのセリフでは有りうる。

一方、"僕は"を主題と理解するならば、
"僕に関しては"ということで、
うな重などを注文する際の表現だ。

タイ語は、大枠として、「主題+叙述」の構造で話される。

อาหาร เช้า เขา จะ ทำ เอง
'aahaar CHao KHao ja THam 'eeNG
あーはーん チャオ じゃ タム エーん
朝ごはんは、彼が自分で作ります。

文の主題は、"朝ごはん"。"朝ごはんに関しては"ということ。
文の主語は、"彼"。

"○○に関しては"という表現からわかるように、主題○○は、既に聞き手が認識している事柄である。

なので、主題は、文の最初に言われるのが自然。
「主題」を最初に提示し、それに関して「叙述」する、という順番。

タイのバスやタクシーなどの交通機関でよく目にする標語も、同じ考え方で理解できる。

เมา ไม่ ขับ
mao mai KHab
マオ マイ カっぷ
酔ってる+(否定詞)+運転する
酔っぱらい(の状態)に関しては、運転しない。
=飲んだら乗るな。

酒を飲んで酔っぱらった。
→ 酔っぱらったなら、運転するな。

"酔っぱらった เมา マオ"という状態が前提として提示され、
その状態に関しては、"乗らない ไม่ ขับ マイ カっぷ"、
という標語。


2、後置修飾

後ろに修飾語を足していく。

อาหาร เช้า
'aahaar CHao
あーはーん チャオ
ごはん+朝
→ 朝ごはん

ศาลา เเดง
saalaa dAEENG
サーラー デーん
東屋+赤
→ 赤い東屋


★文型

(つづく)

スポンサーサイト

 | ホーム | 

カウンター

カテゴリ

虫 (2)
麺 (2)
魚 (0)

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

最新記事

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。