タイ・フリーク55(Thai Freak55)

タイ、タイ語についての個人的な記録

  タイ・フリーク55(Thai Freak55)のナビゲーター   topページ > ミャワディ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸路 ミャワディ ---> コーカレイク

2014 - 12/05 [Fri] - 10:50


◆陸路 バンコク ---> メーソート/ミャワディ ---> コーカレイク ---> ヤンゴン


旅程

★2014年12月03日(水曜日)
16:00 陸路「バンコク ---> ヤンゴン」を決断。
20:30 モーチットBus Terminalでチケット購入。
※モーチットからメーソートまでバス:418バーツ


★2014年12月04日(木曜日)
09:30 バンコクのミャンマー大使館で観光ビザ申請
15:48 Agentからビザ完了の連絡あり
18:00 ビザ受取

21:30 モーチットのバスターミナル発

★2014年12月05日(金曜日)
06:00 メーソート着
※メーソートのバス停から国境までのサムロー:150バーツ
06:30 タイ(メーソート)からミャンマー(ミャワディ)への国境越え

〈時差:-30分〉
07:00 ミャワディ発
※ミャワディからコーカレイクまでモーターサイ:700バーツ
10:50 コーカレイク着


11:00 コーカレイク発
※コーカレイクからヤンゴンまでバス:12000チャット(400バーツ)
19:30 ヤンゴン着
22:00 ホテルCheck In


★2014年12月06日(土曜日)
12:00 ヤンゴン市内散策

★2014年12月07日(日曜日)
12:00 ヤンゴン市内散策
14:00 市場
20:00 シュエダゴン・パヤー見学

★2014年12月08日(月曜日)
05:30 ホテル発空港へ
06:00 空港着
08:00 Boarding
08:30 離陸
10:20 バンコク着

-------

◆陸路「ミャワディ ---> コーカレイク」


★2014年12月05日(金曜日)
07:00 ミャワディ発

国境の橋をゆっくり渡って10分程でミャワディのイミグレーションにたどり着いた。
タイとの時差は、-30分。
タイが6:30の時、ミャンマーは6:00。


この国境ゲートを超えてすぐ右側の小さなオフィス(小屋?)が、外国人向けイミグレーション入国手続きの場所。
同じタイミングで国境を越えて来た欧米人(アメリカ、ベネズエラ、他)が4人、順に入国手続きをした。
国境が開いたばかりのせいか、システム起動に15分くらい掛り、新米の税関職員を指導しながら、ゆっくりと一人ずつ進む。

最初に入国手続きをしたアメリカ人によると、パスポートとの本人確認で簡易カメラでパソコンに読み込んだ顔写真を、消してしまったりして何度も撮り直ししたり、システム再起動したりを繰り返していたらしい。
入国処理の場所が小屋のような小さなオフィスで、しかも、一人の入国手続きを処理するのに5分から10分も掛っているレベルでは、1日1000人処理するのがやっとだろう。
この国境は、まだまだ処理能力の低い状況と言える。

このイミグレーションには、流暢な英語を話す職員が一人いた。
彼が欧米人たちに言うには、「今日はミャワディから出れない。今日はここで泊まるしかない。明日はミャワディから出れる。」と言っていた。
理由は不明。

欧米人たちは、素直に従って、職員に教えてもらったミャワディの宿泊所の場所に向かった。

私は、なんとかヤンゴンに向けて、少しでも進めないものかと、イミグレーションを出て100mほど進んだところで、モーターサイ(バイクタクシー)が溜まっているところで、ヤンゴンまで行きたいが、バスターミナルまで行けるか、と尋ねた。


タイ語を解すテンパー(天然パーマ)のお兄さんが言うには、「バスターミナルには行ける」という。
イミグレーションでは、「今日はミャワディから出れない」と言っていたと伝えると、
「えっ!?なんでだよ!」って表情で、「そんなことはない。行ける。」という。

「モーターサイ(バイクタクシー)で2時間行ったところのコーカレイクにバスターミナルがあり、700バーツだ。」という。

バンコクでは、モーターサイに30分も乗れば長い方だ。
それが、2時間乗ると聞いて、思わず聞き返した。

土地勘のない場所で、時間を持て余してるのはもったいない。
700バーツ払って、コーカレイクへ向かった。

バイクが少し進むと、イミグレーションで一緒になったファラン(欧米人)が、ホテルに向かって歩いているところを通り過ぎた。

今回、陸路で行く最大の目的は、ミャワディからヤンゴンまでの陸路状況を見ること。

事前情報では、ミャワディからの道は、日によって方向が入れ替わる一方通行。
しかも、陸路は舗装も十分されておらず、崖道の危険な状況、ということだ。

実際には、どうなのか、ここからが最も関心あるところだ。
撮った写真のすべてはfacebook(MM - Myawaddy - Kawkareik)にUploadし、その一部をここに掲載。

ミャワディの国境をモーターサイで出発すると、片側一車線の舗装された道路(Asian Highway No.1)が続く。
事前情報とは、全く違い、舗装された道路が続き、現状はかなり道路などのインフラ整備が進んでいると感じていた。

写真右側の青い屋根は、商業エリア。



イミグレーションから20分ほど走ったところ。
輸出入のInspection場所があり、モーターサイもここに立ち寄って、係官らしき人に何かを聞いていた。


Export Inspection



Import Inspection
※通り(Asian Hightway No.1)を挟んでExport Inspectionの対面


工業エリアの看板があるものの、だだっ広い平地があるところを暫く進む。


モーターサイのオヤジが食事をすると言って道沿いの食堂に入る。


山道に入っていく。


日本から輸入したバスが対向車線から走ってくる。


更に行くと、舗装が無い道路になった。


左側に新たな道が建設中。
現在、唯一ある道は、尾根をつたい北側に扇状に回る経路だが、目下、直線に山を切り開いて道路建設中だ。
恐らく、この左側に入るルートが、新たな物流幹線道路だろう。
しかし、2014年中に完成と言われていたのが、現在、2015年の完成と言われている。
この状況で、本当に2015年に完成できるのか、疑わしくなる。


また舗装道路になったものの、道幅は狭く、舗装道路の状態が悪い。




山道で汚れた車を洗車。
山道には、何か所も水道が設置されていて、無料で使える。


舗装状態がだんだんと悪くなっていく。


最初の検問。
パスポートの確認。
モーターサイのオジサンも身分証確認。


状態の悪い道路を進む。


これはさすがにヤバイ。
地元民みたいな人たちが、石を積んで道路補修している。
現在、タイとミャンマーを結ぶ主要幹線道路、Asian Highwayの東西回廊の名に値しない道路整備のレベル。


道幅や道路状態もさることながら、油断したら崖から真っ逆さまに転落。
とてもトラックやコンテナのトレーラーが行き交いできる道ではない。


バイクで通過するにも、大変。




山道。


酷い道路事情。


途中休憩。
オジサンが停まったところには、熊蜂が一匹ブンブン飛び回っていた。
オジサンは気にしていなかったが、私は一足先に進んで退避。
写真を拡大すると分かるが、写真中央左側に熊蜂が写っていて、かなりデカい。


トラックやコンテナのトレーラーが、結構走ってくる。


トラックが曲がるのもやっとのカーブがところどころにある。



エンジンが疲れたらしく、水で冷やして、汚れも落とす。


通りかかったSamsung。


途中の休憩ポイントでは、通りかかるトラックなどに向けて、お経のようなものをマイクで読み上げる人たちがいる。
中には、喜捨のお賽銭を入れるドライバーも結構いた。


ひたすら尾根を行く。


景色がいい。
到達先の町らしきものは、まだ見えない。


ひたすら尾根を行く。


狭い道幅では、対向車が通り過ぎるのを待つ。


崖沿いのところでも、対向車が通り過ぎるのを待つ。


減速して、慎重に走る。


トラックの合間を縫うように、バイクですり抜ける。
ミャワディのイミグレーション職員が、今日はミャワディから出れない、明日は出れる、と言っていた。
モーターサイの人たちは、そんなことない、と言っていたことからも、もしかしたら、イミグレーション職員は、ホテルを紹介してコミッションでももらってるんじゃなかろうか、とも疑っていた。
まぁ、その可能性は無いでもないが、実際、この道路状況では、日替わりの一方通行にせざるをえないことが、よくわかる。
まさに、噂通りの道路事情だ。
この日は、ミャワディに向かって入ってくる方向の日だった。



すごい山道。東西回廊の一部として幹線道路とは思えない。


ようやく山を下り調子になり、町らしきものが見えてくる気配がある。
かなり尻が痛い。


コーカレイクの町に入った。



道路舗装の道幅は依然狭い。


バイクのオジサンが言うには、コーカレイクの町に入った標識らしい。


10:50 コーカレイク着

7:00にミャワディを発ってから、ほぼ4時間。
10:50にコーカレイクのバス停に着いた。
悪い道を4時間もバイクに跨っていれば、さすがに尻も痛くなるはずだ。。。

ミャワディのモーターサイ乗り場で、タイ語で案内してくれた兄ちゃんは、2時間と言っていたが、実際には4時間掛った。
恐らく、自家用車で飛ばせば2時間程なのだろう。


当初、ヤンゴンまで行き、時間に余裕があるなら、ネーピードーまでバスで行き、ネーピードーから陸路でミャワディ/メーソートに戻ってもいいかな、などと考えていた。
しかし、この山道を経験し、タイ・ミャンマーを繋ぐ陸路事情は、十分わかった。
産業の中心は、まだまだヤンゴン近辺なわけで、ネーピードーは、ミャンマー国内のさまざまなインフラが改善されてからでもいいと判断し、ヤンゴンを観光して、タイに戻ることに決めた。

スポンサーサイト
コーカレイク" dc:identifier="http://thaifreak55.blog.fc2.com/blog-entry-329.html" dc:subject="ミャワディ" dc:description="◆陸路 バンコク ---> メーソート/ミャワディ ---> コーカレイク ---> ヤンゴン旅程★2014年12月03日(水曜日)16:00 陸路「バンコク ---> ヤンゴン」を決断。20:30 モーチットBus Terminalでチケット購入。 ※モーチットからメーソートまでバス:418バーツ★2014年12月04日(木曜日)09:30 バンコクのミャンマー大使館で観光ビザ申請15:48 Agentからビザ完了の連絡あり18:00 ビザ受..." dc:creator="Thaifreak55" dc:date="2014-12-05T10:50:00+09:00" /> -->

 | ホーム | 

カウンター

カテゴリ

虫 (2)
麺 (2)
魚 (0)

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

最新記事

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。