タイ・フリーク55(Thai Freak55)

タイ、タイ語についての個人的な記録

  タイ・フリーク55(Thai Freak55)のナビゲーター   topページ > チェンコーン  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェンラーイ県チェンコーン

2014 - 11/23 [Sun] - 18:00

チェンラーイ県チエンコーン郡



ラオスと国境を接する町。
Asian Highway Networkทางหลวงสายเอเชีย)の南北経済回廊における国境の町。

チェンコーン(เชียงโขง CHieng KHong)とは、「メコン(โขง KHooNG)の町(เชียง CHieNG)」という意味だ。

2013年12月11日、メコン川を境に、タイ(チエンコーン郡)とラオス(フアイサーイ郡)とを渡す「第4友好橋」が開通した。
これにより、Asian Highway Networkの南北経済回廊は、タイ(バンコク)から中国(雲南省)までが、陸路で実質的に繋がった。

チェンコーンーフアイサーイの国境は、『東南アジアを学ぼう 「メコン圏」入門』の「第一章 南北回廊」によると、少し古いデータだが、2002年から2009年までの期間、人の往来は8倍ほど増えて、2009年には、入国者10万人、出国者16万人ほどの規模だ。

平日の国境は、数は多くないものの、トラックや40フィートコンテナが、10台ほど出入国の通関待ちをしてる状況だった。

Asian Highway Networkが結ぶ各国の経済、インフラ、産業などの状況によるが、陸路や工業地帯はまだまだ整備がされつつある段階で、陸送については、輸送日数は海上輸送に比べて比較的短いものの、輸送費は海上輸送の3倍ほど掛るのが一般的だ。
今後、工業地帯の発展とともに、内陸のチェンコーン-フアイサーイの国境事情にも変化が起きてくることが期待されている。

東南アジアを学ぼう 「メコン圏」入門 (ちくまプリマー新書)東南アジアを学ぼう 「メコン圏」入門 (ちくまプリマー新書)
(2011/02/09)
柿崎 一郎

商品詳細を見る

-------

旅程

★2014年11月20日(木曜日)
14:30 チェンマイのバスターミナル発
19:30 チェンコーン着

★2014年11月21日(金曜日)
12:00 タイ(チェンコーン)からラオス(フアイサーイ)への国境越え
09:20 フアイサーイ市内散策

★2014年11月22日(土曜日)
15:00 タイ帰国
16:00 チェンコーン市内散策

★2014年11月23日(日曜日)
10:30 チェンコーンからバス発
17:00 チェンマイのバスターミナル着
19:25 チェンマイ国際空港発
20:30 バンコク、スワンナプーム国際空港着
-------

参考
旅名人ブックス32 タイ北部旅名人ブックス32 タイ北部
(2001/07/13)
谷 克二、鷹野 晃 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト

 | ホーム | 

カウンター

カテゴリ

虫 (2)
麺 (2)
魚 (0)

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

最新記事

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。